交通事故の話し合いで重視するのはどんなことですか?

Q、交通事故の被害者と加害者が話し合いをする際に重視するべき部分はどこでしょうか?

私は交通事故の被害者です。
初めての交通事故でどのように手続きを進めて良いのかわかりません。
保険会社には連絡を入れて事故の初期対応などはしてもらったのですが、今現在は過失を決めるために警察からの書類を持っているような状態です。
保険会社がいますので、ある程度はお任せしているのですが、それでも自分なりに知識を持って行ってはならないと思い質問させていただきます。
今後加害者側との話し合いを進めていく上ですべて保険会社に任せてしまうと損をすることがあると友人から聞いたのですが、どのポイントに気をつけながら話し合いを進めていけばよいのでしょうか?

友人の話によると、必ずしも保険会社が言っていることが全てではないので、納得がいかない部分はしっかり抗議するようにとのことでした。
私自身、最初にも書いたとおり初めての交通事故でわからないことだらけなので非常に困っています。
しかしこちらは被害者ですので、不利になってしまうことがあるのはとても困ります。
自分が加入している保険会社を含めて、加害者側と今後話をしていく中で絶対に折れてはいけない部分や、特に気をつけなければならない部分等があれば教えてください。

A、過失割合に関してと、示談のタイミングが重要です。

今現時点でまだ過失割合が決まっていないということですが、まず過失割合を決めるためにこれから保険会社が警察からの書類によって検討するものとなっています。
質問者様が被害者ということですが交通事故の証明書を見ながら保険会社が過失を決めた際に、ここで納得ができなければ、まずは納得できるまで抗議をしましょう。
過失割合は当然、被害者なのでこちらが少なくなると言えるのですが、その割合によっては先方からの保証が十分受けられず、不満に感じてしまうことや実際に損をすることがあります。

これが最も重要な部分として挙げられるのですがその次に同じくらい重要な部分として、示談には簡単に応じないということがあります。
今後通院などを行い、更には仕事を休んだりすることもありますが、そういった部分で加害者側からは全て保証されることとなっています。
また、ある程度通院をした上で症状固定となりその後は基本的に保険会社などから保証が受けられないと言われるのですが、症状固定から一定期間が経過すると後遺障害についての申請ができるようになります。

これはどのような症状が体に残っているかによって申請する期間が違っていますが、むち打ちであれば症状固定から3ヶ月、高次脳機能障害であれば症状固定から1年という期間がありますので、自分の中で後遺障害が残っているのではないかという懸念があれば示談には応じず、後遺症認定をするための検査を受けましょう。
もちろん保険会社としてはおそらく後遺症が残らないだろうなとと早く示談に応じる方向で話を持ってきますが、ここで保険会社の言いなりになる必要はありません。

自分の中で何かしら症状があり、今後について不安を感じていれば必ず後遺症についての検査は受けた上で、その後示談に応じるかどうかを考えていく方が良いです。
後遺症が残っていなければ検査が終了した時点で示談に応じても良いですが、後遺症が残っていた場合には、そこで慰謝料や逸失利益の計算が行われるためここでの金額に満足できるかどうかを考えなければなりません。
この段階で慰謝料を含め、逸失利益の内容にも納得ができなければ、まずはご自身が保険会社に抗議することが重要になりますが、ご自身が話し合いをしていても、保険会社が計算し直してくれなかったり、これ以上の金額は出せないというのであれば一度交通事故に詳しい弁護士さんに相談してみることもおすすめです。

実際に上記のようなケースで弁護士さんに相談し逸失利益についてや慰謝料の金額が最終的に数百万円単位で上乗せされたということがありますので、こういった部分を押さえながら今後の話し合いをしていきましょう。