交通事故の加害者が無保険で自賠責だけじゃ足りない

Q、交通事故の加害者からの保証が不十分で困っています。どうすれば十分な保証が受けられますか?

僕は2ヶ月ほど前に交通事故に遭い、被害者になりました。
僕も加害者も車を運転していたのですが僕自身は信号待ちをしているような状態で、加害者が右方向から左折をしてきた際にスピードを出し過ぎていたため僕の車に激突してきたような状態です。
スピードを出していなければ事故にはならなかったのですが、スピードが出ていたため曲がりきることができずに僕の車がクッションになってしまいました。

幸いにも骨折などひどい怪我をしたわけではありませんが、やはり打撲などがあり、仕事を何日か休んだことや車そのものは修理しなければならない状態で、今現在は会社の車を借りて通勤しているのですが事故の加害者が無保険だったため保険会社を使うことができません。
最低限の保証としては自賠責保険から支払われるとのことで金額を計算してみたのですが、とてもじゃないけど、僕の車を注意することはできないし仕事を休んだにもかかわらず、休業保証などが充分受け取れないのは納得できません。
本来であれば交通事故による慰謝料なども支払われるはずですが、自賠責ということで保証内容が不十分です。

加害者ご本人に足りない保証もしっかり支払ってほしいと連絡をしているのですが、今は支払うお金がないのでもう少し待って欲しいと言うばかりで、いつになれば支払ってくれるのかなどについて具体的な話がありません。
一度加害者のお宅に伺ってみようかとも思うのですが僕が直接伺ってその場で話し合いをしてしまうのは違法な行為になるのでしょうか?
話し合いをして今後の支払などについても一筆書いてもらおうと思っています。
そうしなければ僕も被害者として気持ちが治まらないし、いつまでも自分の車が直せないので困っています。

A、直接伺う際には弁護士さん等に同行してもらった方が良いでしょう。

上記のようなケースでは、確かにご本人が直接加害者のお宅に伺い話をすることもできます。
ただし加害者側が逆上してしまったり、暴力事件に発展してしまうなどという懸念が考えられますので、できれば事前に弁護士に相談した上で同行してもらうというのがベストです。
これまでは経済的な事情から支払うことができないとある程度は逃れていた加害者ですが、間に弁護士が入ることによって今後は逃れることができません。
加害者が仕事をしているのであれば、職場などを聞き出し、弁護士さん側から会社に話をして給料の一部を差し押さえるという事も可能です。

ただし、そういった方法を取るためには加害者側と十分な話し合いを行い、公正証書として書類を残す必要があります。
その上で書類取りに支払が行われなかった場合には前述の通り、弁護士さんから会社側への話し合いで差し押さえなどが可能となっています。
素人ではここまで強行することができませんから加害者が支払えないと言っていれば、それ以上話が進んでいくことはありません。

弁護士さんが一緒にいてくれるだけでスムーズな話し合いができるのではないでしょうか。
また今後請求をしていく中で今現在使用している会社の車でレンタル料などが発生しているのであれば、こうした費用についてもしっかりまとめておきましょう。
さらに、痛みなどがあり、通院した際の領収証などもまとめておかなくてはなりません。

その他仕事を休んだ日数やこれまでの給料などがある程度分かる書類も全て揃えた上で、細かな計算を行い、加害者側に対する請求を行っていく必要があります。
いつまでも支払いをしてくれないという意味で慰謝料も加算される可能性がありますから、こういった部分については弁護士さんに相談しながら計算してもらうのが1番です。